今現在、平均的な閲覧環境のほぼ半分がスマートフォンからのアクセスになっています。
画面サイズの異なるスマートフォンやiPadなどのタブレット端末に合わせて、柔軟にレイアウトを最適化させる手法がレスポンシブWebデザイン(Responsive Web Design)です。共通のHTMLを使いCSS3でレイアウトを制御するので、基本的に1つのウェブサイトで各画面サイズに対応できます。
大切なユーザーの心をしっかりつかむ為にも、まだ未対応の場合は是非一度ご検討ください。

レスポンシブWEBデザイン

HTMLとは

ウェブサイト全てのページの文章や画像の情報は、HTMLというスクリプトによって表示されます。レスポンシブWEDデザインで制作されたウェブサイトでは、全ての種類のデバイスが同じHTMLファイルを共有します。例えばニュースなどの追加情報もこのHTMLに書き込まれます。

CSSとは

CSSは、そのHTMLで書き出された文字に、色やサイズなどのデザインやスタイルの指定を加えるファイルです。
通常はPC用の1つのCSSを指定しますが、レスポンシブWEBデザインでは各デバイスに合わせて複数のCSSを同時に設定し、振り分けます。

導入費用について
レスポンシブWEBデザインの導入費用は、対応させるデバイス(スクリーンサイズ)の種類や、
オリジナルのデザインを制作するか、または既存のテンプレートをそのまま使うかによって大きく変わります。
通常は既存テンプレートをそのまま利用すると短期間・低予算で制作できます。
ご質問やご相談は是非お気軽にご連絡ください。