[ 近年のSNS事情は? ]

近頃は若い世代だけではなく、中高年世代の9割もの人が何かしらのSNSアカウントを持ち、その半数近くが日常的に「読むだけ・見るだけ」の情報収集ツールとして利用しているという統計が出ています。
それぞれのSNSの特性を理解し、目的に合った情報をターゲットに向けて安全に簡単に発信できるのであれば、SNSを活用しない手はありません。
SNSの利用目的を明確にし、それぞれの機能を理解することで、ご自分に合ったコンテンツと頻度で楽しくユーザーとコミュニケーションをとることが可能になります。

[ SNS導入に際しての心配事は? ]

♦ 期待してないコメントは避けたい...
コメント機能の入切、ポジティブな反応だけを受け入れる仕様のSNSも存在します。事前にそれぞれの長所短所・特徴や機能をしっかり把握し導入しましょう。

♦ 開設してもなかなか更新できない
ユーザーにとって興味のある情報を、タイミングを狙ってピンポイントで更新していくことで効果を上げることができます。頻繁すぎる更新はフォローを外されてしまう可能性があるので、頻度よりアイディアで勝負です。

Facebook ページ

日豪共に、最もアクティブ・アカウント数の多いSNSで、20代のユーザー層が最も多く、次に30代、40代、10代、50代となっています。 Facebookの最大の利点は、他の一般的に使われているSNSと比べて年齢・性別・居住地・趣味などの個人情報の信頼性が高く、更にターゲットを絞った情報を的確に届けることができる無料・有料の販促ツールが揃っていることでしょう。匿名性が低いのでトラブルも少なく、ユーザーと真摯に向き合うことができます。個人アカウントがあれば、Facebookページを使って複数スタッフで管理できるビジネスアカウントを設定できます。
Facebook for Businessマーケティングの活用方法

Tumblr(タンブラー)

一見InstagramやTwitterと同じように見えますが、実は大変安全性の高い多様性のあるSNSです。一番の特徴は自分のフォローやフォロワーの表示やコメント欄を非表示にすることにより、ユーザー同士の交流と以上に投稿内容重視の評価でリブログ(リツイート)しあえる点です。SNSにありがちなネガティブな要因がなく、ビジネスにも安心して導入できます。デザインをカスタマイズできるシンプルなウェブサイト(ブログ機能と個別ページの制作)も複数併設でき、CMSとしても活用できます。オーストラリアではその使い心地の良さからTwitter以上の人気で、是非活用すべきSNSの一つでしょう。
タンブラーのビジネス活用タンブラーについて

Instagram(インスタグラム)

スマートフォンから撮影し、写真をおしゃれに簡単に加工できるフィルター機能も豊富な、画像に特化たSNSです。画像ギャラリーも見やすく、視覚的・感覚的に自社サービスのイメージを感じてもらうことができます。ユーザーはタグによって自分の好きな ジャンルをランダムに閲覧できるので、画像の魅力によって新たなフォロワーを開拓できます。コメントの表示・非表示・削除が可能です。オーストラリアでは月の利用者は500万人に登り、ここ1年で35%の伸びになっています。10〜20代の若者に特に人気です。
参考)Instagram Reaches 5 Million Monthly Users In Australia 
instagram HomeInstagramヘルプセンター

Twitter

他のSNSと比べてライブ感や拡散性が高く、その日の話題のタグに関連付けて情報を発信し注目をしてもらったり、イベントなどの直前情報を リマインダー的にアップするなどの瞬発的な集客効果も期待できます。
若者だけではなく中年世代以上は主に情報収集ツールとして利用するユーザーが増加傾向にあります。
さらに充実した無料広告ツール(Twitterカードなど)もサービスが拡張され、ユーザーの動向を詳しく確認できる解析ツールも使えるので、ぜひ導入すべきSNSの一つと言えるでしょう。一般アカウントではコメントやリツイートの管理ができないこと、匿名アカウントによる迷惑行為などについての対策は必要ですが、うまく使えば圧倒的にメリットが大きいSNSです。
Twitterビジネス活用の基本Twitterビジネス